京都の中華料理の歴史において「ハマムラ」がどのように関与していったかについて記載されています

「歴史が紡ぐ京都やさしさ中華」

京都府中華料理生活衛生同業組合 著

姜 尚美 氏 著 「京都の中華」

京都市内の中華料理店で提供されている当社の「京風中華」に関する書籍・記事でそのメニューの独自性が注目を集めています。

以下、幻冬舎のサイトから抜粋。
餃子、春巻、酢豚……品書きは至って普通、しかし京都の中華はちょっと違う。にんにく控えめ、油控えめ、強い香辛料は使わない。だしのとり方が独特で、どの店も勘定がやさしい。花街で愛されてきた割烹式中華から、学生街のボリューム満点中華まで、この街の歴史や風習に合わせて変化してきた「京都でしか成り立たない味」のルーツを探索する。
(アマゾンページ)

岩間 一弘 氏(慶應義塾大学文学部教授)編著 「中国料理と近現代日本」

(アマゾンページ)

イオンモールKYOTO店でキャンペーン